ノルウェー留学が日本人にとって難しい3つの理由

Mandyme27 / Pixabay

この記事を読んでいる方はきっとノルウェーへの留学に興味があると思うんですが、僕なりの視点から言うと実は難易度が高いんです。

不可能じゃないんですが、なんで難しいかをちょっと説明したいと思います。

正直ノルウェーに留学したいなら学士課程からじゃなくて、大学院で留学する方がよっぽど簡単です。

最初の記事でいきなりこんなのが来るとガクッとしちゃうかもしれないけど、これは知っておいた方がいいことなので書いちゃいます。

輪島
輪島
いきなりですがノルウェー留学はちょっとややこしいってこと話しちゃいます。

難易度高:ノルウェーの大学への学士課程の難しさ

ノルウェーって言ったら北欧で物価が高い代わりに豊かで自然がいっぱいで北欧美人とか想像するんじゃないかな。

実は僕もノルウェーに来るまでは漠然とそんな感じでした。

人口とか500万人ぐらいなんで競争とか無くて大学入りやすいんだろうなとか思ってたんですよ。

とか思ってたら、実はこれが厄介。

大学院はともかく、実は大学入学は日本人にとって難しいです。

難しい理由1:出願要件が高卒+1年間の教育が必要。

Samordna opptakってノルウェー語のサイトで大学の出願要件が見れるんですが、日本とノルウェーは教育制度が違うせいで高卒とさらに大学で最低1年間勉強してる必要があるんです。

WHEDってサイトに登録されてる大学であればいいらしいですが、つまり日本で大学入試しないといけません。

そうなると大学2年時にわざわざ日本の大学中退してノルウェーの大学に1からやり直すのは結構大変です。

厄介なことに日本の年初は春に対してノルウェーは秋です。

1年間の教育を終わらせて、そしてその年の10月頃から申し込み、上手く入れた場合は次の年の秋になってしまいます。

つまり高卒の段階から見て2年ぐらいかかってしまうんですよね。

ノルウェーは日本人でも学費が無料なので、下手に日本の私立大学行くより安く済むかもしれませんが、それでも生活費は高いので難しいところです。

難しい理由2:英語の能力の証明も必要

ノルウェー語ができればノルウェー語で勉強できますが、日本人でノルウェー語が話せる人は多くいないんじゃないかと思います。

ノルウェーでこそノルウェー語ができる人にはそこそこ会いましたが、日本でノルウェー語ができる人に会ったことは一度もありません。

英語で勉強するにはIELTSやTOEFLなどで英語の能力を証明する必要があります。

大学によって変わりますが、IELTSだと大体6.0以上、TOEFLだと80点以上を求められます。

難しい理由3:学士では英語のプログラムが少ない

ノルウェー人はみんな英語が上手で英語だけでも生きてけるんですが、実は学士課程はほぼノルウェー語のみです。

自分も他の留学生から話を聞くまで知らなかったんですが、英語のプログラムは大体大学院(修士)からみたいですね。

ノルウェーで一番有名な大学はオスロ大学なんですが、ここも学士課程では英語のプログラムはありません。

ただし日本から交換留学で来てる日本人学生はちょこちょこいますし、大学院レベルでは英語のプログラムもあるので日本人院生もいたりします。

英語で勉強できるプログラムは次回まとめようと思ってますが、環境開発や生物学プラスアルファぐらいなので本当に少ないです。

人口が少ないと大学数も少なくなるって考えてみれば当たり前ですが、留学したい側からするとトホホな感じです。

まとめ

ノルウェーの大学はレベルも高く、学費も無料で魅力的ですが、学士課程レベルだと留学はちょっと難しいです。

ただ大学院レベルでは英語のプログラムもたくさんあるので、そこから留学するのも手じゃないかと思います。

難しいと言っても、絶対無理というわけでもありません。

まずは現状を理解し、その上で留学作戦を練ってみてください。

輪島
輪島
あなたの目的がノルウェーで勉強するなら正直大学院からの方がオススメかな
そうね。ノルウェーに住んでみたいのか、勉強したいのか、働きたいのか、それともヨーロッパのどこかがいいのか、目的を考えるのがいいわ
Claudia
Claudia

ABOUT US

このサイトを運営している井上です。 経歴:大学中退→30歳でチェコの大学に進学→卒業後プラハにあるフランスの会社で就職 僕のように英語力ゼロだった人間が、どのようにヨーロッパで職を見つけるかまでを紹介していきます!