【ドイツ転職】評判に負けないおすすめ転職エージェントだったCareer Management編

geralt / Pixabay

前回の記事ではCareer Connections(キャリアコネクションズ)について書きました。今回の記事は名前が似ているリクルーターですが、Career Manegement(キャリアマネジメント)について評価していこうと思います。

このドイツ転職エージェント評価シリーズは日系企業を強みとするリクルーター起業を、私の視点から評価していき、最後にまとめとしてドイツリクルーターランキングを作っていくものです。

もちろん一個人の体験をベースにした記事になるので、その点をご了承の上読んでいってください。

吉田(ドイツ)
吉田(ドイツ)
ドイツリクルーター評価シリーズですが、ここはおすすめできます。なぜおすすめなのか、私の経験を通して解説していきます。

ドイツ就職・転職に使う転職エージェントを評価!Career Management編

さて今回のCareer Managementですが、先に言っておきますと、恐らくこの記事がシリーズの中で一番長くなると思います。

と言うのも、このリクルート企業が一番サポートが厚く、電話面談や連絡、打ち合わせなど一番多くこなしたからです。

では評価基準ですが、こちらはシリーズを通して同じで指標として使っていきます。

  1. 応募してから、自動応答ではないメールか電話で反応あるか。
  2. 担当者とスムーズに面談できたか。
  3. 担当者は親切だったか。
  4. 求人紹介される場合に、どれくらい情報開示されたか。
  5. 紹介案件が書類選考落ち、又は面接落ちの場合でも、不採用連絡など失敗の場合でもちゃんと連絡されたか。

シリーズを通して同じ評価基準を用いることで、各企業を横串で評価していくのが目的になります。

こちらの記事にて、評価基準について具体的に解説していますので、初めてみた方はこちらから読んでいただけるとこのシリーズについて理解できます。

Career Management

さてウェブサイトを見ると、デザインは他のリクルーターとあまり大差の無いような印象を受けました。

会社案内を見たところ、このリクルーターの代表の写真と挨拶があるので、代表については確認ができます。

トップページには会社情報をダウンロードという項目があったので、そちらも見てみると人材紹介までの流れが簡潔にまとめられていました。

他にも見てみたところ、ウェブサイトの中でユニークなポイントとしてブログのコンテンツが充実しています。

他の転職エージェントでもブログ記事はありましたが、全部で数ページ、少ないところだと申し訳程度に1記事あるだけのようなところもありましたが、私が確認した時Career Managementはブログトップページに10記事あり、9ページまであったので約90記事ほどあるようです。

職種の説明や、就活対策、手続き関連、転職成功例、採用担当向けの記事など多岐にわたっていて、記事も身近なポイントもあれば専門性の高い記事もあり、読んでいて勉強になる記事があります。

個人の意見としては「ドイツにおける日系企業の現地人材開発戦略」の記事は、海外進出している日系企業の位置付けを経営戦略の視点から学べ、「ドイツの日系企業に日本人が現地採用されるための条件とメリットは?」の記事はドイツで日系企業で働く意味を紹介しており、面白い記事になります。

ウェブサイトから見えるこの会社の強みの一つは、ドイツ内のオフィスの多さからネットワーク網でしょう。

GDJ / Pixabay

大体の転職エージェントはヨーロッパにいくつかオフィスがあったり、イギリス、ドイツ、フランスに一つずつなどですが、Career Managementはドイツ内でFrankfurt(フランクフルト)、Düsseldorf(デュッセルドルフ)、München(ミュンヘン)、Hamburg(ハンブルグ)、Stuttgart(シュタットガルド)と5つのオフィスがあり、これはドイツリクルーター企業で最多でした。

つまりCareer Managementはヨーロッパ全体ではないが、ドイツにはかなり強いネットワークを持っているのではと思います。

インターネットでの情報が豊富

面白いことにCareer Managementをインターネットで検索すると色々な評判や情報が見つかりました。

個人のブログ

個人のブログでもCareer Managementに触れている記事が出ていました。

また、こちらのブログではオススメとして書かれています。

企業のブログ

これは良いなと思ったポイントですが、オフィス用品大手のASKULのブログからもCareer Managementがインタビュー先として紹介されていました。

JETROからも紹介されていた

個人、企業のみならず、政府系組織であるJETRO(ジェトロ)からもCareer Managementの社長である谷田和磨氏がインタビューに答えている記事がありました。
JETROから紹介される人材紹介企業というのは、信頼性という意味で大きいポイントになりますね。

YouTubeで積極的に情報発信している

リクルーター企業は扱う情報や業種の関係があって、あまり情報が表に出てこないのが一般的でした。

インターネットで情報があまり見つけられないと、ドイツ転職エージェント評価記事を書いてるこちらが色々とまとめる上で難しい部分になりますが、Career ManagementはYoutubeでも情報発信をしていました。

もちろん他の転職エージェントも広告だったり、SNSページがあったりしますが、Career ManagementはYouTubeでスタッフが表に出ている点がプラスになりますね。

ウェブサイトではどのような従業員がいるか見えませんでしたが、YouTubeでリクルートスタッフが紹介されているので、透明性が上がり申し込む心理的ハードルも下げられました。

またインターネットで見てみると、社長の経歴が元三菱商事上りとあったので、ビジネスに相当強そうな印象です。

応募してから、自動応答ではないメールか電話で反応あるか

ここは過去の会社とは打って変わって非常に早かったです。

朝に申し込みをしたところ、大体30分後には早速担当者からメールが送られてきて面談を打診されました。

担当者とスムーズに面談できたか

面談までの打ち合わせは特別な部分はありませんでしたが、スムーズに面談まで進みました。

せっかくなので同じ週内に面談が行えるか聞いたところ、タイムスロットをいくつか提示してもらえたのでとんとん拍子に進み、申し込みをしたその日に面談日と時間が決められました。

担当者は親切だったか。

肝心な担当者の対応ですが、ここはとても親切でした。

私の場合、元々日系企業で働いた経験が無かったため、まずは日系企業(応募企業)の強み、弱味、そして面接にあたっての注意点など細かく説明してくれ、時間を多めにとってロールプレイをして丁寧に教えてくれました。

面接の直前まで様々な情報をアップデートしてくれ、気に掛けてくれたのは色々ある中でこの会社だけです。

また、応募先との面接後にもすぐに電話で面談をし、面接内容の報告とフォローアップもしてもらえたのは心強かったです。

個人的には、この部分満点評価を上げたいところです。

求人紹介される場合に、どれくらい情報開示されたか

Career Managementにポジションの応募を行うと、早速担当者から連絡が来て、打ち合わせが始まりました。

そこで、私の経歴をお伝えし、それを元に適したジョブポジションを紹介していましたが、Career Managementの担当者の説明はきめ細かく説明する流れに。

この時担当者から「弊社はドイツの日系企業にフォーカスをしているので、他の海外多国籍企業やドイツ企業に関しては、他のリクルーターを通して応募して構わない」とのことでした。

肝心の日系企業に関してですが、恐らく自社内のブログにも様々な応募者の声を集めている通り、この会社は応募者とも会社側ともかなり良い関係を築いていて、仕事の詳細、求められる役割やスキルに関して、他社と比べて情報の豊富さ、正確さは高かったです。

担当者は1件私に向いている案件を紹介してくれましたが、この紹介先のことをよく知っていて、応募先の採用プロセス、倍率、応募先の従業員の人数など、様々な点について把握していました。

応募者にとって、この情報の正確さはとても助かるポイントですね。

一方、この時別に並行して応募していた他リクルーターの仕事情報は非常におおざっぱで、あまり応募先企業のことを知っていないようでした。

情報の開示に関してCareer Management社には高評価をあげたいところです。

紹介案件が書類選考落ち、又は面接落ちの場合でも、不採用連絡など失敗の場合でもちゃんと連絡されたか

紹介してもらったところですが、ここは2次面接で不採用になりました。

最初にメールをもらい、電話で詳しい報告をもらいましたが、その時はどういう理由で不採用だったかを聞きました。

その電話で報告を受け取った時に、合わせて当時応募可能の企業を紹介されました。

まとめ

Career Management社は担当者が親身にサポートしてくれ、コミュニケーションがしやすかった点が非常に良かったです。

自社ウェブサイトには従業員のことなどあまり出ていませんでしたが、インターネットで情報公開がされており評判も見れるので、その点はカバーされています。

また、担当者には別で就職が決まった旨をお伝えした際「おめでとうございます。ぜひ今後も何かあればいつでもご連絡ください。オフィスの近くにきた際はぜひ飲みに行きましょう!」ととても温かい言葉がもらえたのが嬉しく、おかげで就活を終えている今でも時々やりとりをしています。

前評判に負けず、ドイツ日系企業就職・転職を目指す上ではここが一番おすすめできるでしょう。

Career Managementの総評

1. 応募してから、自動応答ではないメールか電話で反応あるか。
★★★★★

2. 担当者とスムーズに面談できたか。
★★★

3. 担当者は親切だったか。
★★★★★

4.求人紹介される場合に、どれくらい情報開示されたか。
★★★★★

5.紹介案件が書類選考落ち、又は面接落ちの場合でも、不採用連絡など失敗の場合でもちゃんと連絡されたか。
★★★★

吉田(ドイツ)
吉田(ドイツ)
失敗しても成功しても丁寧に対応してもらえ、関係が続けられる点が一番良かったポイントです。今でも担当者さんとは連絡を取っています。