日本からでもできる?実は簡単なドイツの大学院の申し込み方

StartupStockPhotos / Pixabay

なかなか留学情報誌にも載っていないドイツの大学院情報。

日本とは受験の仕組みも言語も異なりますが、この記事では申込方法について分かりやすく解説していきます。

ドイツの大学院:まずは申込日を抑えよう

ドイツの大学院には、入学試験のあるところと、ないところがあります。

一般的に、州立大学ではないところがほとんどで、その場合、

  1. 学部時代の成績
  2. 語学スキル(授業についてこれるだけの)

の2つで決まることがほとんどです。この場合、要するに申込用紙、成績証明書、語学証明書、あとは志望動機を提出するだけで、申し込みは受理される形です。それゆえ、日本から申し込むことも十分に可能です。

申込日に関して、ざっくり分けるとドイツの大学院には冬セメスターと夏セメスターの二つが用意されてあり、どっちから入ってもあまり違いはありませんが、一般的には冬セメスターから入るのが基本とされています。

夏セメスター:4月~9月
冬セメスター:10月~3月

それぞれ、セメスターの始まる3~5ヶ月前には申し込みの締め切りがありますので、夏から始めたい場合には遅くとも1月ごろには、冬から始める場合には6月~7月ごろには必要書類を提出しておく必要があります。

申し込みに必要なもの

上述の通り、オーソドックスに必要になってくるのは1)学部時代の成績、2)語学の成績、で、あとは、場合に応じで、職歴なども求められてきたりします。

1)学部時代の成績

さて、学部時代の成績ですが、入りたい大学、学部によって求められてくる水準は異なりますが、おおよそ、GPA換算で3.0以上あると安心です。2.5以上でも、なんとかなります。2.5を下回るようですと、かなり入れる大学が限られてきてしまいます。

また、ドイツの大学院の場合、基本的に、学部時代の専攻と同じ、あるいは同等レベル、という縛りがあります。ですので、仮に学部時代にドイツ語学部でいい成績を残した、といって、大学院からマーケティングを専攻する、ということはできません。

2)語学の成績

文系の場合、多くの場合ドイツ語のレベルが入学にあたり求められてきます。

理系の場合、ドイツ語はマストではない場合もありますが、ビジネス、法律、当たりの学部になってくると、大抵、ドイツ語、+英語が求められるようになり、それを満たすために、語学学校や、大学の語学準備コースでドイツ語の勉強をし、試験をパスするパターンがよく見受けられます。

3)申し込み書類類

上記の2つは一般的に必要になってくる受験要綱ですが、それらを証明するために、またはそれらに加えて、たくさんの必要書類の提出を求められます。

具体的には、学部の卒業証明書、学部の成績証明書、高校の卒業証明書(大学院受験であっても必要になってくる)、語学の成績証明書(TOEFLなど)、就業経験がある場合その証明書、等々です。

こうした必要書類を集めるために、母校に帰ったりする必要がありますので、仮にドイツに渡航し、そこで申し込みをしようと考えている人は、渡航前にこういった必要書類を持って行ったほうが良いでしょう。

申し込み費用・学費

州立の大学の場合、一般的に申込費用は無料です。日本から書類を郵送する場合、その夕総費用がかかるくらいですが、日本の大学のように、一校当たり何万円もする、ということはありません。

ですので、時間の許す限り、受験したい大学院は全てお応募しても、別に追加費用が掛かるわけでもありません。

ただし、一部、公的な機関を通じての受験をする場合は手数料がとられたり、私立の場合は一校につき〇〇ユーロ、という料金が請求されたりしますので、注意が必要です。

学費も同様に、州立の場合、年間5~6万円ほどで、ほとんどないといっていいようなものですが、私立になると急に学費が跳ね上がり、年間100~200万円くらいかかります。

合否通知

合格は、メールまたは郵便で結果が送られてきます。私の場合、受験からおおよそ1~2ヶ月くらいで、受験校からの返答が来たと思います。

合格の場合、Zulassungsbescheinigungという合格許可証が送られてきて、何週間以内に学費を振り込んで、法定の健康保険に申し込んでください、みたいなことが書かれています。

ドイツの場合、お役所仕事が遅いので、もし不明点があれば、メールではなく電話で逐一問い合わせたほうが良いでしょう。そうしないと、いつまでたっても返事が返ってきませんし、場合によっては担当者が1ヶ月くらい夏休みに出かけてしまっていることもあります。

全ての事務処理が完了すると、晴れて大学院生の仲間入りです。

大学が決まったら、すぐに住居探しを始めましょう。セメスターが近づくにつれ、新入生が新居を探し始めるので、あっという間に埋まってしまいます。