【クリスマスの惨劇】ウクライナ(Lviv)のクリスマーケットが爆発した話

Free-Photos / Pixabay

クリスマスが近づくにつれ、僕の会社のヨーロッパ人同僚たちは里帰りをはじめ、普段はフランス語やスペイン語が飛び交う社内も、すっかり静やかになってしまいました。

僕の同僚に一人、ウクライナ人がいるのですが、クリスマス前に実家に帰ったまま会社を辞めてしまいました。彼女が持っていたドイツとウクライナのマーケットの代わりを任せられる人がいないというので、1ヶ月限定で彼女の顧客を引き継ぐ形で、Lvivに出張する羽目になりました。

そこで、思いもかけずクリスマスマーケットの爆発事故を目撃してしまいました。

Lvlvに出張

Lvivは、西ウクライナ中規模都市です。そこはポーランドよりポーランドらしいと言われており、街中ではウクライナ語に加え、たまにポーランド語の話し声も聞こえます。

ウクライナのクリスマスは12月ではありませんが、商業的な理由から、11月の終わりごろからクリスマスマーケットが始まり、1月ごろまで続きます。

Lvivのクリスマスマーケットは公園からオペラハウスに向かって一直線に続いており、町を横切る形でクリスマス―ケットの賑わいを体感できます。

さて、今回顧客へのあいさつも終わり、プラハに帰る飛行機の時間が余っていたため、町をぶらぶらし、クリスマスマーケットを見学することにしました。ところが、そのときどうもただならぬ気配を感じたのです。

クリスマスの喧騒をかき消すように、爆音と、それに続いて黒煙が冬晴の空に立ち上り始めたのです。

僕はその時、ちょうと黒煙の立ち上っている、オペラハウスのほうに向かっていたのですが、そちらの方向からは、僕のほうにウクライナ人が慌てふためいて逃げてきます。

大和男子たる僕は、ここで群衆に交じって逃げるのもカッコ悪いと腹をくくり、黒煙の立ち込める方向に向かって突き進んでいきました。

現場に近づくにつれ、事態が明らかになってきました。どうやら、クリスマスマーケットの屋台が爆発したようです。

延焼を抑えるために、消防車がやってきます。クリスマスマーケットの路肩に駐車中の車を削りながら、現場へと向かっていく様子を見て、僕は唖然としました。流石ウクライナ。

僕が現場に到着したころ、すでに火は消えていました。現場近くの屋台は、すでに何事もなかったかのように営業を開始。

爆発の原因は分かりませんが、どうやら出店のガスボンベに料理の火が引火したとかなんとか。テロも怖いですが、こういう訳の分からない事故も十分怖いですね。

友人曰く、これはウクライナの日常のようです。ウクライナのクリスマスマーケットは1月7日までです、興味があれば是非見学を..

ABOUT US

初めまして! 20歳で大学中退、その後ニートを経験し、コンビニ、カラオケでバイトするフリーター生活を何年も続けて26歳の時に一念発起し英語を勉強、30歳でチェコの大学に正規学生として進学し33歳で卒業→現在はプラハにあるフランスの会社で働いています。 自分の経験をここで書いていきたいと思っていますのでよろしくお願いします!