【ポーランド人の食卓】クリスマスイブの晩餐、Wigilia(ウィギリア)の習慣とメニュー

kaboompics / Pixabay

12月24日、クリスマスイブには各国で独特の催しが行われます。日本では、家族というよりはカップルで祝う文化が定着してしまいましたが、クリスマスの本家、ヨーロッパでは、基本的に家族で集い、晩餐を楽しむような習慣です。

今回は、ポーランドのクリスマスイブの風景を写真を交えて紹介していきます。

ポーランドとクリスマス

ポーランドのクリスマス文化は、カトリックの習わしに依るところが大きいです。ただ、一概にカトリックといっても、国が違えば風習なども異なってきます。

特に、その違いは食文化に色濃く反映されており、各国のクリスマスの食卓の風景を見比べると、違いが際立って面白いです。

晩餐の始まりとルール

ポーランドのクリスマスイブにはWigilia(ウィギリア)と呼ばれる晩餐が催されます。伝統的に、Wigiliaは12月24日の夜、空に一番星があがったら始められるとされており、それまでは食事をしてはいけない、という慣習があったようです。

それまでは、家族で晩餐の献立の仕込みを手伝ったりします。例えば、以下は、メインディッシュの一つである、ウシュカの具を詰めているところです。

一番星が上がると、家族はテーブルにつきます。食卓で赤肉は忌避されており、代わりに「鯉の肉」が使用されます。この慣習はチェコでも同様で、クリスマスイブの日になると、道端で鯉を売る屋台が現れます。

さて、食事が始まる前に、opłatek(オプワテク)と呼ばれる小麦粉でできた味のしないチップのようなものを、席に着く家族と分け合います。オプワテクを分けるときは、相手のオプワテクを少しちぎり、それを食べます。全員が、他の全員と交換し終えたら、いよいよ晩餐の始まりです。

opłatek(オプワテク)

晩餐の献立

以下、ポーランドのクリスマスイブの献立をいくつか紹介していきます。

鯉の肉

先ほど説明した通り、赤肉は忌避されるため、メインディッシュは鯉の肉となります。

揚げる前の鯉の肉

ウシュカとボルシチ

ロシアのイメージが強いですが、ウクライナやポーランドなど、ボルシチは各スラブ圏の国それぞれで、独特の味が楽しめます。それに、ウシュカというラビオリのような具を入れて召し上がります。

魚料理

鯉以外にも、ニシンやサーモンといった魚料理がふるまわれます。

コンポート

アルコールの入っていない、ドライフルーツをもとにしてつくられたジュースがふるまわれるのも伝統の一つです。

他にもアクティビティとしては、他の欧州圏同様、クリスマスツリーの下にプレゼントを準備します。クリスマスイブに、これらを交換する習わしです。

晩餐の後は、家族でボードゲームをやったり、映画を見たりするのがポーランドの家庭では一般的です。一家団欒を想定しているので、地上波の映画も、ホームアローンやモンスターズインクなど、家族向けのものが多い印象でした。

ABOUT US

このサイトを運営している井上です。 経歴:大学中退→30歳でチェコの大学に進学→卒業後プラハにあるフランスの会社で就職 僕のように英語力ゼロだった人間が、どのようにヨーロッパで職を見つけるかまでを紹介していきます!